症状ページ ベース完成 逆流性食道炎 途中部分1 症状ページ④

なぜ?病院・婦人科では「逆流性食道炎」が改善しないのか?

逆流性食道炎

病院や消化器科での一般的な逆流性食道炎の治し方

病院や消化器科で行う事

病院や消化器科では検査、胃酸を抑える薬や胃薬などを貰い、しばらく様子を見てと言われる事がほとんどです。

改善しない場合は胃カメラで状態を確認。

酷い場合は食道炎が重症化して、食道が狭くなったり、出血を繰り返す方には、逆流を防止する手術が行われることがあります。

病院や消化器科の5つの問題

1. 胃酸を抑える薬や胃薬は、何かの原因で胃酸が増えた状態を無理矢理止める薬なので、他の消化器に負担がかかります。

2. 胸焼けや酸っぱいのが上がると胃薬を飲みがちですが、十二指腸や大腸、膵臓、肝臓や胆嚢が悪い場合は胃薬は逆効果で悪くなる。

3. 胃カメラで見て問題無くても、原因が他の臓器にある場合は〜科が違うので検査すらしてくれない。

4. 自律神経が乱れている場合は、他の臓器が働かない為に胃に負担が増えて胃酸が増加してしまいます。

5. 逆流防止の手術をしても、根本の原因が改善して無いので数ヶ月や数年後に同じ手術を勧められる場合があります。

このように病院や消化器科では逆流性食道炎が根本から治らない上に身体からしたら負担をかける改善方法が多くあります。

では、どうすれば逆流性食道炎を改善に導くことができるのでしょうか?