ぎっくり腰は病院へ行くべき?

ぎっくり腰は痛み的には最強なので、病院に行こうと思う方が多いと思います。ですが、病院で出来る事ご存知ですか?今回はぎっくり腰になった時の為に覚えておくと良いことをお伝えします👐

病院でのぎっくり腰の対処方法

病院に行った場合は出来る事と言えば、シップか痛み止め薬をくれるか、痛み止めの注射、ブロック注射を打つ。または、コルセットを貰う🏥

この位しか出来る事はありません。

もしかしたら、ぎっくり腰と思っていたのが腎臓の病気だった場合もあるので軽視は出来ませんが、実際そのような事例は通常のぎっくり腰の中では少ないです💉

ぎっくり腰にはまずどうしたら?

日頃から腎臓が悪い人がぎっくり腰になった場合は一度病院で検査をして貰うのが安全です。ただし、その他の場合にぎっくり腰になった場合は病院に出来る事は痛みを止めるだけです😅

痛みを止める=身体が根本から治った…ではありません👮

痛みを根本から治して初めて完治です🙆病院の痛みが治るのは、患者さん本人の力で治っていく間の痛みを薬やコルセット、注射で消すだけです。本人の治す力は増やしません。その為に患者さん本人の治る力が弱ってると中々治らないのです😭

是非この機会にぎっくり腰が怖い方や、以前なった方、最近なった方はならない回復出来る自身の身体を作りましょう👌😊

 

 

大阪市 東成区 玉造駅徒歩3分
あちこちの痛みを内臓より改善する整体
いちる整体院 院長 岡本 幸士🏥

ぎっくり腰の詳細と整体⬇️
https://ichiru-seitai.jp/symptomscat/post-3652/

⚠初回8800円→期間限定1日2人までお試し1980円(ご予約は詳細ページへ)

06-7508-8026

#痛み #ぎっくり腰 #内臓整体 #内臓 #いちる整体院 #整体院 #整体 #玉造駅 #玉造 #東成 #東成区

ライン登録で定期的な健康情報をいち早く入手!
⬇️

友だち追加

ぎっくり腰について詳しくはこちら

ぎっくり腰

この記事に関する関連記事