症状ページ ベース完成 踵の痛み 途中部分2 症状ページ⑤

当院の踵の痛みに対する3つのアプローチ

痛みが出る原因

内臓疲労を改善する整体

内臓疲労を改善する整体

炎症が治らない原因

踵が治るのに1番大事な事は炎症を早く治す事です。
通常は時間が経てば勝手に治るのが、人間なら当たり前。
それが中々治らないのは内臓疲労があるからです。

内臓疲労を整体で改善すると?

1. 必要な栄養量(ビタミン、ミネラル、たんぱく質)が踵に届き炎症を消す事が出来ます。

2. 内臓機能UPで食事の消化、吸収がしやすくなり、栄養が増えて踵の炎症が消えます。

3. 踵の炎症が治り、歩いたり、運動したりしても痛みを感じ無くなります。

自律神経の乱れを改善する整体

自律神経の乱れを改善する整体

痛み・違和感が治らない原因

踵が痛い、実はその原因が自律神経の乱れの場合も多々あります。

自律神経が乱れると、脳疲労が増えて神経が過敏になります。
踵に炎症が無くても痛みや違和感を感じようになります。

自律神経を整体で改善すると?

1. 脳疲労が減り神経過敏が改善される為に、踵の痛みや全身の痛みが無くなります。

2. 休んだ時の修復力が増えて、疲れにくく痛みにくい身体になります。

3. 痛みが消えて、痛みのせいで出来なかった事が出来るようになります。

血液循環と姿勢を改善する整体

血液循環を改善する整体

治りが遅くなる・再発する原因

血液の流れが悪いと、炎症を改善させる栄養を届けるのが遅く炎症が長引きます。

また、老廃物が溜まり筋肉が緊張し全身コリやゆがみが増えます。
結果、立ち方や歩き方が変わり踵の負担が増加。
一度炎症が消えても、また再発の原因になります。

血液循環と姿勢を整体で改善すると?

1. 栄養が早く届き、踵の炎症の治りが早くなります。

2. 老廃物が流れて、疲れにくく、足裏や下腿周辺のコリも溜まりにくくなります。

3. 立ち方・歩き方が意識しなくても改善し、踵の炎症が再発しなくなります。